勝手な考え方で教育することは悪いやり方になる

育成を進める上などにおいて甘やかしてしまうとその動作がひどい行為なのだというという事が承認できなくなることが考 […]


犬のしつけの常識・非常識

それは、整合性がとれた行動をするということなのです。簡単沿うだけど複雑なんですよね。 自分達も犬も変わらなくで […]


飼い犬のサイン

僕たちにきもちがあると同様に飼い犬にもいろいろな考えがあります。 何の意味もなく行動することはないと思います。 […]


お手洗いのポイントはワンちゃんが決めるのではなく家族が決めてください。

 

ポイントとしてはどんな位置でもOKです。際立って思いつくポイントがなければケージの中の一区画に配置することで便所のしつけがしやすくなりますし、ドッグもお手洗いのポイントを認識しやすくなると考えられます。

トイレを設ける重要なポイントとしては犬にとってふさわしいスケールのものを設定する事が大事です。判断基準としては飼い犬が座った時の3匹程度の大きさが最良なでかさとなります。小さすぎるとリラックスできないですし、大きすぎるとリラックスしすぎて寝そべる心配があるので留意するといいですよ。

育成する上で心得るべき事柄が想定されます。それは、一貫した姿勢を見せる必要があります。

 

 

簡単そうだけど複雑なんですよね。人間も犬も同じで感情でどやされたり褒められたりしてしまうとなんでだろう?と思ってしまいます。感情で怒る事は教育に多大な結末がでてしまうと聞きます。なので、怒り付ける時も誉める際も一致した行動で対応する事が重要なんだと考えます。悪い教育方法とは叩く事、叱り付けるときに名前が出る事、しつけるときに、ケージに閉じ込める事、いつも散歩の時間が同じである人、噛みつく行為をほっておく人、犬と一緒に寝ている人など、まだあります。非常に重大な事は、家族が目上の存在になる事です。特徴でもある恭順する特色を用いるのです。絶対必要なのできちんとした教育ができるようリーダーになりましょう。犬の教育についてお手や待てなどを推測すると思いますが、飼主と飼犬が楽しく暮らせるために飼犬に認識させることです。一般的な犬のしつけはお座りではないだろうか。他にも噛みつかないようにするなど日々の習慣性から教える事がしつけなのです。

 

 

非常に頭がよい動物です。

 

犬にも信頼されるようにきちとしましょう。必要があります。

ご褒美を手渡すというような動作は、効果的な方法だと思います。しかし、誤解してはいけないと考えることが何か物を受け渡す事がご褒美ではありません。

物をあげて讃える事は錯覚してしまう状態があり、あげる行為は留意が大事になってきます。

 

 

 

しつけっていうけれども通常は、犬を飼っている方が正しい知識を知らないとマイナス効果となってしまます。

 

犬を飼っている方、しつけが必要なサインを感じ取るようにして時間をかけながら応対しましょう。人間にも想いや気持ちがある様に犬にもたくさんの考えがあります。むやみに行動することはないと思います。話ができないですから噛みついたりしてイタズラしたりする事で知らせようとしています。赤ちゃんを育てるのと同様です。

わんちゃんにトレーニングする時は、私らの勝手な考え方でしつけることはいけない方法だ。

 

 

悪い事をしたときは、根拠となっている考えがありますから注意深く理解してある事でほとんどは改善できるようになります。

 

ドギレット グッドデザイン賞