犬のしつけの常識・非常識

それは、整合性がとれた行動をするということなのです。簡単沿うだけど複雑なんですよね。

自分達も犬も変わらなくで気分で怒られたり称賛されたりしたらなんでだろう?と考察してしまう時もあるようです。
情感で怒りつけることはトレーニングに数多くの作用がでてしまう時もあるようです。
なので、叱りつける時も賛称するシーンも一貫した態度で対応する事が大切なんですね。
人間に気もちがあるように飼い犬にも多様な思いがあります。何も考えないで行動することはないと思います。言葉を持っていないため泣いてみたり、甘えたりして伝えようとしています。ベイビーを育てるのと同様です。しつけっていうけれども通常は、犬を飼う人が正解な教え方をしないと逆作用となります。

犬を飼っている方、しつけがいる仕草を見落とさないようにして時間をかけながら対策していく事です。

お手洗いの場所は犬が定めるという事はせず私達がチョイスすべきです。
場所としてはどんな所でも問題御座いません。

取り敢えず思いつく箇所がなければ犬小屋の中に場所を決める事でお手洗いの練習がしやすくなると思いますし、犬もお手洗いの置き場を身に着けやすくなるでしょう。

わんこに練習をさせる時は、人間の思いつきで訓練することは悪いやり方
になります。
悪い事をしたときは、根拠となっている思いがあるから根気よく心配してあげる事でほぼほぼの心配は克服できるようになるります。